【au系格安SIM】データシェアを家族で使うならどこがお得?MVNO7社を徹底比較!

家族で乗り換えると一番オトクな格安SIMは?
アザたろう
家族で格安SIMに乗り換えたいんだけど、どこが一番オトクなんだろう?
ペンぞう
格安SIMも「家族割引」や「データシェアシェア」を使えば、より料金を安くできるからな。家族で4人が格安SIMにしたときの月額料金を比べてみようか!

家族全員で格安SIMに乗り換えれば、それだけで多くの金額を節約できます。

しかも、シェアプランでより安く多くのデータ容量が使えたり、家族割引がある格安SIM(MVNO)も多くあり、割引金額やお得になるプランも様々です。

このページでは、家族4人で格安SIMに乗り換えた場合、月々いくらでスマートフォンが使えるのか、au回線の格安SIM全7社を比較していきます。

au系格安SIM(MVNO)全7社を家族4人で使った場合

ペンぞう
au回線が使える格安SIM全7社を家族4人で使った場合、ひと月いくらになるのか?表にして比較してみるぜ!
格安SIM
プラン内容
家族割引
4人家族の月額
UQ mobile 5分かけ放題
3GB
500円割引
(2回線目から)
10420円
(2年目から14420円)
mineo 10分かけ放題
3GB
50円割引 9240円
IIJmio 3分かけ放題
一人あたり2.5GB
ファミリーシェア 7460円
10分かけ放題
一人あたり2.5GB
8460円
BIGLOBEモバイル 3分かけ放題
一人あたり3GB
シェアプラン 8700円
Tikimo SIM 10分かけ放題
一人あたり3GB
シェアプラン 8840円
QTモバイル 5分かけ放題
3GB
なし 9600円
Fiimo 10分かけ放題 なし 9800円
アザたろう
IIJmioの料金がダントツで安いぞぉ!
ペンぞう
料金が安だけじゃなく、IIJmioは家族間なら「かけ放題」の時間も長くなるんだぜ

今回比較したau系格安SIM全7社のうち、家族4人で7000円台の料金だったのはIIJmio(みおふぉん)だけでした。

ほかの格安SIMは8000円を超えてしまい、高いものでは10,000円を超えてしまいます。

IIJmioの料金7460円というのは、一人あたり1865円という破格の安さで「かけ放題」付きスマホが持てるということ!

しかも、IIJmioの「かけ放題」は、家族間通話が「3分かけ放題が10分」、「10分かけ放題が30分」といったように、更に長い時間を無料通話できてしまいます。

アザたろう
でも、一人あたり2.5GBのデータ容量じゃ少ない気がするぞぉ
ペンぞう
それは「大容量オプション」で解決できるぜ!
IIJmio-大容量オプション

IIJmio(みおふぉん)には「大容量オプション」というプランがあり、「+20GB 3100円」「+30GB 5000円」とお得な料金でデータ容量を増やすことができます。

「大容量オプション+20GB」を使えば、一人あたり2640円でデータ容量が7.5GBも使えて、家族4人の月額料金でも10560円という安さです。

このことからも、家族全員で格安SIMに乗り換えてスマホ料金を安くするならIIJmioが最適といえますよ。

≫IIJmioに申し込む!

データシェアとは?

アザたろう
IIJmoが家族4人で格安SIMにした場合にお得だってことはわかったけど、データシェアってなんのことだぃ?
ペンぞう
データシェアっていうのは、一人のデータ容量を2台以上のスマホ・タブレットで分け合って使えるプランのことだぜ

データシェアプランとは、もともと2台以上のスマホやタブレットでデータ容量をシェアできるように大手キャリアが始めた料金プランのことです。

今ではスマホとタブレットの2台持ちをする人は珍しくなくなりました。

もしスマホとタブレットで別々のデータ容量を契約してしまっていたら、「今月はスマホしか使わなかった」なんてときにタブレットのデータ容量が余り無駄になってしまいますよね。

そこで生まれたのがデータシェアです。

データ容量を複数の端末で共有することにより、データ容量を余らせるということがなくなります。シーンに合わせてスマホとタブレットを使い分けたとしても、無駄なくデータ容量をやりくりできるんです。

IIJmio(みおふぉん)BIGLOBEモバイルでは、そのデータシェアを採用している数少ない格安SIMです。

大手キャリアでは、通話機能付きSIMをデータシェアの対象にはしていません。

データシェアが通話機能付きSIMでも使えるというのは、格安SIMの一つのメリットになりますね。

家族でお得なIIJmio(みおふぉん)のメリット

IIJmioのメリット・自由にサービスを組み合わせられる料金プラン
・安定性、信頼性のある通信
・docomo、au、ソフトバンクのスマホがどれでも使える
・3分or10分の選べるかけ放題
・アプリ「みおふぉんダイアル」で通話料が半額
・余った「データ容量」は翌月へ繰り越し可能
・「データ容量」をシェアできる
・データ消費ゼロの「低速モード」
・不通期間なしで乗り換え可能
・ビックカメラに専門ショップがある
・2年縛りなし
・自動更新なし
ペンぞう
家族4人でのスマホ料金が7460円とお得に使えるIIJmioのメリットを見ていこうか。IIJmoの魅力は自由に組み合わせできる料金プランにあるんだぜ!
アザたろう
「かけ放題」を使わなくても通話料が半額にできるのは嬉しいなぁ

これまで「かけ放題」付きのプランで説明してきましたが、IIJmio(みおふぉん)には「みおふぉんダイアル」という専用アプリがあります。「みおふぉんダイアル」を使って電話をかけると、通常20円/30秒する通話料が半額の10円/30秒にできてしまいます。

家族の中でも電話をかける機会が多い人には「かけ放題」をつけ、少ない人は「みおふぉんダイアル」を使うといったように、ファミリーシェアでも使う人に合わせたプランを選べば、さらにスマホ料金を節約できます。

IIJmioはサポート面も安心です。大手家電量販店であるビックカメラには、「BIG SIMカウンター」という専門ショップが設けられています。「BIG SIMカウンター」へ行けば専門スタッフが対応してくれるので、IIJmioを使っていて困ったことやトラブルが起きてしまった場合でも安心です。

まとめ

家族で乗り換えると一番オトクな格安SIMは?

家族4人で格安SIMを使うなら、データシェアで料金がお得になるIIJmio(みおふぉん)が最安値7460円から使えるということがわかりましたね。

IIJmioは、格安SIMの中でも評判がよく人気のあるブランドですので、家族まるごと乗り換えを検討している人にオススメです。

データシェアの本来の使い方である、タブレット用のSIMカードを探している方にもオススメの格安SIMといえるかもしれません。

詳しいサービス内容は、IIJmio(みおふぉん)の評価と評判、MNPのやり方と注意点!で紹介していますので合わせてご参考ください。

≫IIJmioに申し込む!




IIJmio

関連記事

IIJmio-低速モード

IIJmio(みおふぉん)の低速モードは評判が悪い?おすすめしない理由を解説!

au iphoneSE IIJmio みおふぉん

auのiPhoneSEをIIJmio(みおふぉん)に乗り換えるといくら安くなる?

au iphone8 IIJmio みおふぉん

auのiPhone8をIIJmio(みおふぉん)に乗り換えるといくら安くなる?

au iphone7 IIJmio みおふぉん

auのiPhone7をIIJmio(みおふぉん)に乗り換えるといくら安くなる?

IIJmio みおふぉん キャンペーン情報

【2018年11月】IIJmio(みおふぉん)のおすすめキャンペーン情報を詳しく...

IIJmio(みおふぉん)への乗り換え(MNP)方法を詳しく解説!

IIJmio(みおふぉん)への乗り換え(MNP)方法を詳しく解説!